単品鋳物.com

砂型鋳造

鋳造方法

砂型鋳造とは、砂を樹脂で固めて作成する鋳造方法です。
他の鋳造方法と比べて、複雑な形状の鋳物にも対応でき、比較的、鋳肌も良い鋳物ができあがります。
品質とコストのバランスが取れ、大物から小物まで対応できる鋳造方法であるといえます。
量産の必要のない機械部品などに適している鋳造方法です。

砂型鋳造の流れ

  • 1

    木型作成

    砂型鋳造の流れ 木型作成

    現在では樹脂をマシニングで削り、木型を作成することが多いですが、職人が本当に木を加工して型を作ることもあります。

  • 2

    鋳型作成

    砂型鋳造の流れ 鋳型作成

    珪酸ソーダもしくはアルカリフェノール樹脂を混練した砂で型を込めて二酸化炭素をかけることで化学反応を起こし、砂を硬化させて鋳型を造形します。

  • 3

    鋳造

    砂型鋳造の流れ 鋳造

    製品の形状や肉厚に合わせて温度を調整し、鋳造します。

  • 4

    仕上げ

    砂型鋳造の流れ 仕上げ

    湯口、湯道など製品に不要な部分を切断し、バリを除去し、必要に応じてショットブラスト処理や熱処理などを行います。

砂型鋳造の長所と短所

非常に優れている 製作期間
優れている 精度、小ロット、加工コスト、小物鋳物、大型鋳物
普通 量産、鋳造コスト

砂型鋳造の加工事例

砂型鋳造加工事例-
砂型鋳造加工事例-機械部品

砂型鋳造加工事例-エンジン部品