単品鋳物.com

プレート型(F-1)鋳造

鋳造方法

プレート型鋳造とは、プレートにモデルを張り付け、半自動の機械を使って鋳型を作成している鋳造方法です。
他の鋳造方法に比べて、中ロット向けであるため、中ロットの場合は、1個あたりのコストを抑えることができます。
主に、簡単な形状の小物鋳物や中ロットの鋳物の鋳造に適しています。

プレート型鋳造の流れ

  • 1

    木型作成

    プレート型鋳造の流れ 木型作成

    当社のプレート型は、板の表面と裏面に製品の形状を張り付けたF1と呼ばれる形の木型を使用しております。

  • 2

    鋳型作成

    プレート型鋳造の流れ 鋳型作成

    プレート型鋳造の専用枠を使用し、粘土分と水を砂に練り込んだ、粘りのある土を枠に入れ、造形機で振動を与えて土を絞め、最後は空気圧を利用したプレス機で押し固めて、鋳型を造形します。

  • 3

    鋳造

    プレート型鋳造の流れ 鋳造

    製品の形状や肉厚に合わせて温度を調整し、鋳造します。

  • 4

    仕上げ

    プレート型鋳造の流れ 仕上げ

    湯口、湯道など製品に不要な部分を切断し、バリを除去し、必要に応じてショットブラスト処理や熱処理などを行います。

プレート型鋳造の長所と短所

非常に優れている 量産、鋳造コスト
優れている 加工コスト、小物鋳物、製作期間
普通 精度、小ロット
不向き 大物鋳物

プレート型鋳造の加工事例

プレート事例