単品鋳物.com

生型鋳造

鋳造方法

生型鋳造とは、生土を使用して鋳型を作成する鋳造方法です。
他の鋳造方法に比べて、精度は落ちるものの、安価で鋳物を鋳造できることができ、主に、全加工品や手袋金型、ラスト金型の作成向けの鋳造方法です。
鋳型の作成に熟練した技を必要とされる鋳造法で、現在では、この鋳造法を行っている会社も減少していますが、当社では専門の職人が、この鋳造法を実践することが可能です。

生型鋳造の流れ

  • 1

    木型作成

    生型鋳造の流れ 木型作成

    生型鋳造では、現在も職人が手作業で作る木型が使われることが多く、金型素材などの単品に近い製品には発泡スチロール製の元型を作成し、コストダウンを図ることもあります。

  • 2

    鋳型作成

    生型鋳造の流れ 鋳型作成

    粘土分と水を砂に練り込んだ粘りのある土を型に入れて、スタンプという道具でしっかりと押し固めることで鋳型を作成します。土を押し固めただけの鋳型のため、簡単に崩れてしまい、鋳型の造形には熟練した技術を必要とします。

  • 3

    鋳造

    生型鋳造の流れ 鋳造

    製品の形状や肉厚に合わせて温度を調整し、鋳造します。

  • 4

    仕上げ

    生型鋳造の流れ仕上げ

    湯口、湯道など製品に不要な部分を切断し、バリを除去し、必要に応じてショットブラスト処理や熱処理などを行います。

生型鋳造の長所と短所

非常に優れている 製作期間
優れている 小ロット、鋳造コスト、小物鋳物、大型鋳物
普通 精度、量産、加工コスト

生型鋳造の加工事例

生型鋳造事例-

生型鋳造事例-
生型鋳造事例-