単品鋳物.com

石膏鋳造(精密鋳造)

鋳造方法

石膏鋳造とは、鋳型自体を石膏で作成している鋳造方法です。
他の鋳造方法に比べて、精度と鋳肌表面の品質が高く、意匠、各部エッヂを忠実に復元し、ダイカスト製品に近い鋳物ができあがります。
したがって、その後に発生する加工コストについては、比較的、安価に抑えられます。
石膏鋳造は、ダイカスト前の試作などに最適で、小ロットで高品質の鋳物に適した鋳造方法です。特に、鋳物の加工を手間と感じられている方にはお勧めです。

石膏鋳造の流れ

  • 1

    木型作成

    石膏鋳造の流れ 木型作成

    石膏鋳造のプロセスでは、製品の形状とは逆の鋳型のような形状で木型を作成します。

  • 2

    シリコン型作成

    石膏鋳造の流れ シリコン型作成

    シリコンで型を作ることにより、折れやすい形状や若干の逆勾配も造形することができます。

  • 3

    石膏鋳型作成

    石膏鋳造の流れ 石膏鋳型作成

    鋳造用石膏を水と混練し、シリコン型に流し込みます。石膏が硬化したら、慎重に脱型します。

  • 4

    鋳型乾燥

    石膏鋳造の流れ 鋳型乾燥

    石膏鋳型に含まれた水分を完全に蒸発させて無水石膏にします。

  • 5

    鋳造

    石膏鋳造の流れ 鋳造

    製品の形状や肉厚に合わせて温度を調整し、鋳造します。

  • 6

    仕上げ

    石膏鋳造の流れ 仕上げ

    湯口、湯道など製品に不要な部分を切断し、バリを除去し、必要に応じてショットブラスト処理や熱処理などを行います。

石膏鋳造の長所と短所

非常に優れている 精度、加工コスト
優れている 小ロット、小物鋳物、
製作期間
普通 大物鋳物
不向き 量産、鋳造コスト

石膏鋳造の加工事例

石膏加工事例-エンジン部品
石膏加工事例-
石膏加工事例-工芸品
石膏加工事例-
石膏加工事例-
石膏加工事例-