単品鋳物.com

スタッフブログ

高額な設備部品の内製に挑戦!

暑い!日に日に暑くなってきます!鋳造現場はすでに夏です! 日々の作業を少しでも簡素化して楽にしないと体がもたなぁ~い!! という事で今回目を付けたのがこちら。 これは「ホッパー」と言って、水で練った鋳砂が乾かないように水・・・

続きを読む

注湯温度は700℃オーバーも!

暖かい日が増えてきました、例年なら行楽に最高の季節なのですが、今はステイホーム、我慢の時です。 残念ながら鋳造業は在宅で生産する事が出来ず工場は稼働しております。 公共交通機関は使わず通勤、マスク着用、手洗い、消毒など細・・・

続きを読む

溶湯処理(GBF)

アルミ合金を溶かしたものを溶湯と呼びます。 アルミの融点(溶ける温度)は約660℃と高温ですが鉄は1538℃とアルミは鉄などの金属に比べると低い温度で溶かす事が出来ます。 アルミ合金を溶かしていると溶湯に水素ガスが混入し・・・

続きを読む

砂型鋳造で成型用金型素材を造る!

当社は300㎜×300㎜程度の製品を得意としており、大きな鋳物を製造させて頂く事は少ないのですが、今日は1600㎜×1100㎜と比較的大きなアルミ鋳物を製造しています。 製法はCO2砂型鋳造と言い、砂に佳酸ソーダを練りこ・・・

続きを読む

生型鋳造用合成砂の入れ替え

昔は生型鋳造には山土と言われる粘土分を多く含んだ天然の土を使用していました。 しかし近年は需要も減り、国内採取が減り、安定した山土を入手する事が困難となり、それでは安定した製品をを作り続ける事が困難と判断した当社では、約・・・

続きを読む